五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる
P0PMART LABUBU CANDY シリーズ 9点,
ブルーロック タワレコ コースター 未開封,
MPG-02 トレインボット ゲツエイ,
ジョジョ BIG ぽてコロマスコット2 DI0,

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 保障できる

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉
商品に興味をもっていただき、ありがとうございます。 以下お読みいただき、入札をお待ちしています。 【サイズ】縦約18cm 横約14cm サイズは目安程度にお考えください 大幅に違うことはないと思いますが万が一ずれていてもご理解の程お願い致します 【梱包】 プチプチで包んでダンボールの中に入れて発送いたします 【商品の状態】 新品未使用品です 写真撮影の時のみ出してそのあとはプチプチで包んで保存してあります 初期傷などに関してはご理解のほどお願い致します

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

  • 4.00

    吹替版も欲しかった

    川流桃桜

    原題はMurder by Death(直訳すると『死による殺人』、有名探偵ものをパロったコメディー。作家のT.カポーティ扮する謎の大富豪が、当代を代表する(自称)大探偵達を一堂に屋敷に集め、堂々と殺人予告をしてコケにしまくると云う内容。おちょくりの対象にされるのは、クリスティのエルキュール・ポアロとミス・マープル、ビガーズのチャーリー・張、ハメットのサム・スペードとニック&ノラ・チャールズ夫妻だが、小説版よりは寧ろ1930~40年代に作られた映画版を元にしている。奇行奇癖の探偵連中が揃いも揃ってバカみたいな迷推理しかしなかったり、前振りナシで被害者と関係者の隠された関係や真犯人の正体が次々と暴かれたりと、いい加減な推理ものの古典的パターンをネタにしており、笑いの質が割と幼稚だったり5組の探偵の比較がややくどかったりもするが、それなりに遊び心に溢れていて軽い気持ちで楽しめる。この作品はとにかくキャストが豪華。上述のカポーティ他、D.ニーブン、M.スミス、P.フォーク、P.セラーズ、J.ココ、J.マクドウェル、そしてA.ギネスと云った錚々たるベテラン陣(全13人)が、人を食った演技を繰り広げ合うのがとにかく楽しい。D.グルーシンの軽快な音楽も全体の雰囲気によく合っている。映像特典は脚本担当のN.サイモンへのインタビューと、R.ムーア監督、サイモンと6人の主要キャストの経歴リスト、「続編」の『名探偵再登場』のものを含むオリジナル劇場予告編集。このDVDに関してヒジョ~に惜しむらくは、字幕のみで日本語吹替版の音声が入っていないこと。この映画にはP.フォーク=小池朝雄を筆頭として、千葉耕市、中村正、羽佐間道夫、滝口順平、内海賢二等々豪華面々が出演した素晴らしく笑える日本語吹替版が存在するのだが、アメリカ版をその儘流用した為かこのDVDには収録されていない。

  • 4.00

    世界の名探偵の夢の競演&知恵比べ〜ミステリー・ファンの秘かな愉しみ

    hide-bon

    ニール・サイモンはアメリカのショー・ビズ界では劇作家として著名な存在だ。ブロードウェイで絶賛され、ジャック・レモン&ウォルター・マッソーの名コンビで映画化もされた「おかしなふたり」は、日本で何度も上演されてきた名作である。名声を得たサイモンは売れっ子となり、数々の戯曲に加え、映画の脚本も手掛けてきた。愛妻マーシャ・メイソンの為に書き上げた「グッバイ・ガール」はリチャード・ドレイファスにオスカーをもたらし、日本でも高評価された。その前作として製作された「名探偵登場」はその年の全米興行成績ベスト10にランクインされるほどの大ヒット、77年に日本でも公開されたがヒットには至らず、その年の各ベストテンでも黙殺された。今日でも、ミステリー映画ファン以外には知られていない作品だが、もっと認知されてしかるべき作品。コメディであり、パロディでありながら、いや、それだからこそのミステリー愛を感じさせるマニアックな一作である。ある謎の大富豪から、世界の名だたる名探偵たちに招待状が届く。〜あなたたちをこの上なく豪華で血も凍るディナーにお招きします〜挑戦状にも取れる文面から幕を開ける今作は、以下、世界の名探偵たちと大富豪との丁々発止の推理戦?の様相を呈してくる。謎の礼服の人物の手袋をした手が、なにやらいわくつきな鋼製の箱を開けると、飛び出す絵本の如くプレイヤーたちが現れ、個々に演じ手たちのクレジットが紹介されていく楽しいオープニング。フルートを使ったディブ・グル―シンのテーマ曲は今でもしっかり口ずさめる。クリスティーの名作「そして誰もいなくなった」のように、招待客が孤島ならぬ周囲から閉ざされた濃霧立ち込める大邸宅に集められる設定。以下、1分に1回仕込まれている小ネタ・ギャグ(大袈裟かも知れないが、それほどに詰め込まれている)を楽しみながら、あとは映画に身を任せればいい。登場する名探偵たちは、それぞれにサム・スペード、エルキュール・ポワロ、チャーリー・チャン、ニック&ノラのチャールストン夫妻にミス・マープルのパロディたち。それも、ただ単に名前とキャラクターを似せているだけではなく、例えば、ピーター・フォークとアイリーン・ブレナンは、演じるサム・ダイアモンドとその秘書として、かってのハードボイルド映画の雄ハンフリー・ボガートとローレン・バコールよろしくその仕草や喋り方まで真似て出てくる拘りようだ。もちろん、笑いを取る為にやっているのだが、パロディの何たるかをわきまえたセンスが光るのだ。クライマックスは、それこそどんでん返しにつぐどんでん返し、一体いつまでやるのと思わせるくらいに謎解きが続く。辻褄合わせもへったくれもないただのお遊びになっているのが難だが、最後の最後に明かされる真相と動機は、ミステリー・ファンなら笑ってナットクできる結末だ。このクライマックスのシーンには逸話があって、どうも当初は最後に6番目の招待客としてシャーロック・ホームズが登場、謎を解いていくとの脚本があり、実際そのヴァージョンで撮ったらしいが、起用された俳優が無名であった為、他の5人の名探偵(を演じていたスターたち)からブーイングが出て、現ヴァージョンになったらしい(笑)。(もっとも、最後の最後、と思っていたら、、、的な展開がある、かも、なのだが、ここらへんはお遊びなので、ね)全編、どちらかと言えばサイモンらしいソフィスティケートなギャグが多い。パロディをメインにしたコメディとしては、メル・ブルックスの「ヤング・フランケンシュタイン」の方がお下劣ながらパンチも効いているし、数段上かな。個人的には、名探偵が屋敷に集まってくるまでが最もオモシロい。ギャグの詰め込み過ぎも胃にもたれ、逆効果となるのだ。ピーター・フォーク、ピーター・セラーズ、アレック・ギネス、デビッド・ニブン、マギー・スミス、アイリーン・ブレナンと魅惑のキャスティングだが、トルーマン・カポーティがゲスト出演の枠を超えての怪演。場面をさらっている。全米での今作の大ヒットを受け、この後ハードボイルド&ノワール映画のパロディ版として「名探偵再登場」が製作された。ハメットの「マルタの鷹」やら「カサブランカ」やらを想起させるシークエンスが楽しいこちらもやはりニール・サイモンの作によるもの。今作からはピーター・フォークのみが続投、サム・ダイアモンドの延長上にある私立探偵役だったが、役柄はルー・ペキンポーに変わっていた(笑)。他にも、アン・マーグレット、マーシャ・メイスン、ルイズ・フレッチャー、ストッカート・チャニング、マデリーン・カーン、シド・シーザー、ニコル・ウイリアムソン、ジョン・ハウスマン、ポール・ウイリアムスら今作を上回る多彩な出演陣だが、「カサブランカ」のパロディとして、イングリット・バークマンの役柄をフレッチャーにしたのはどうみてもミス・キャストだったな(笑)。

  • 5.00

    ユーモアと品格が共存する「探偵喜劇」の雄

    西村哲也

    ヨーロッパ的渋味&品格を感じさせるキャスト陣神秘性に満ちた舞台閉鎖系推理小説をからかうかのようなストーリー&演出が絶妙のバランスで配合されたサスペンス・コメディであります。まさに「探偵喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい一作であると言えるでしょう。

  • 4.00

    アンチテーゼのはずが…

    あんたにグラッツェ

    喜劇作家のニール・サイモンが脚本を書き、ロバート・ムーアが初メガホンを取ったパロディ・ミステリーである。原題は「Murder by Death」。アガサ・クリスティなどの作品では、最後の5ページで話が急展開し、名探偵が犯人を当ててしまう事に我慢がならぬと、この話を書いたという。脚本家の三谷幸喜はサイモンとビリー・ワイルダー監督を敬愛している事で有名である。5人の名探偵は名優揃い。ワトソン役とコミカルな演技を繰り広げる。1.シドニー・ワン(ピーター・セラーズ):チャーリー・チャンがモデル。飄々と絶えず警句を発するが受けない。2.ミロ・ペリエ(ジェームズ・ココ):エルキュール・ポワロがモデル。食いしん坊のベルギー人。フランス人と間違われる度にイラつく。3.ディック&ドラ・チャールズトン夫妻(デヴィッド・ニーヴン、マギー・スミス):ニック&ノラ・チャールズ夫妻がモデル。ダシール・ハメットの「影なき男」に登場する夫婦探偵。都会的でエレガントな雰囲気を漂わせている。4.サム・ダイアモンド(ピーター・フォーク):サム・スペードがモデル。ドスの効いた低音でまくし立てハードボイルドっぽさを強調している。5.ジェシカ・マーブルズ:ミス・マープルがモデル。車椅子の老婆と登場。車椅子の婦人がマーブルズと一同思ったが、こちらは50年連れ添った家政婦で今はマーブルズが世話しているという設定。一方、迎える側。トウェイン役は作家のトルーマン・カポーティ。演技は弱いがチビ、小太り、異形の感じは出ている。盲目の執事ベンソンマム(アレック・ギネス)、つんぼで唖で英語が読めない料理女と変なキャラクターばかり。アンチテーゼのはずがそうなっていないのが残念。名優の演技を楽しむべき。

  • 4.00

    舞台劇を観ているかの様な文句なく楽しめる一級の娯楽映画~特にアレック・ギネスの演技は特筆もの

    紫陽花

    名探偵を集めて推理合戦をさせるミステリとして、マリオン・マナリング「殺人混成曲」(着想の割にはおとなしい)があるが、本作はパロディー色を強く打ち出したその映画版と言って良い。こうした映画は俳優陣の演技合戦及びおフザケ度の高さを楽しむのが相応しい。その意味では良く出来た愉快な映画である。まず、俳優陣の豪華さには目を見張るものがある。ニック&ノラのニック(のパロディー、以下同様)役にデヴィッド・ニーヴン、サム・スペード役にピーター・フォーク、チャーリー・チャン役にピーター・セラーズ、名(迷)探偵を集める謎の富豪役に(何と)作家のトルーマン・カポーティ、執事役にアレック・ギネス等々、名優・怪優のオンパレードで、これを観ているだけでも楽しい。本格ミステリをフザケ倒した様なハチャメチャなストーリー展開も楽しい(脚本、ニール・サイモン)。オドロオドロしくも滑稽な屋敷の雰囲気、大掛かりな機械装置、名(迷)探偵達の名(迷)推理、結末近くになって唐突に脈絡なしに明かされる富豪と名(迷)探偵達との意外な関係、それに伴って二転三転するグロテスクな真相。まるで、舞台劇を観ているかの様な印象を受けた。俳優陣の演技では、意図的ななまりと文法ミスとで中国人を演じたピーター・セラーズの怪演が光るし、これだけ豪華な俳優陣の中で、堂々と謎の富豪役を演じ切ったトルーマン・カポーティも強く印象に残った。しかし、何と言っても特筆すべきはアレック・ギネスであろう。盲目の執事として登場以降、ストーリー展開に伴い、死体役も含め、多彩な顔を披歴するその貫録と風格タップリの演技力には脱帽ものである。文句なく楽しめる一級の娯楽映画だと思った。

  • 1.00

    詰らない

    あまでうす

    ポアロやミスマーブル、サム・スペードなどの有名な名探偵が招待された館で殺人事件が起こる。さて犯人は誰かというサスペンスドラマずら。 ピーター・セラーズ、アレック・ギネス、デヴィッド・ニーヴン、ピーター・フォーク、かてて加えて作家のトルーマン・カポーティまで雁首を揃えているのだが、ちっとも面白くないのは、きっとニール・サイモンの脚本が詰らないからだ。

  • 3.00

    あえて言おう!

    星仔

    この映画、今から約20年前くらいにTVで深夜に放送したのを録画し、そのビデオを、それこそ何度も何度も擦り切れるほど観たものです。今でもDVD-Rに焼いて観てはいますが、綺麗な画像で再び観たいものです。もちろんDVDも発売時即購入しました。・・・が、あえて言おう!日本語吹き替え入りでないと“カス”であると!ちなみに、作品自体がカスというわけではありません。探偵モノのパロディの優れた小品と言ったところでしょうか。しかし、TV放送日本語吹き替え版で観ると、これがめちゃめちゃ面白いんです。メーカー様、どうか企業努力を(懇願)TV放映時の吹き替え音声入りで出し直していただけたら、買い直しますからぁ

  • 4.00

    遊び心に満ちた趣向が楽しいミステリ・パロディ映画

    東の風

    稚気と遊び心に満ちたニール・サイモンの脚本、個性あふれる演技巧者たちの競演が楽しいパロディ映画ですね。登場する探偵たちのオリジナル・キャラと俳優は、以下の通り。◆チャーリー・チャン・・・・・・ピーター・セラーズ◆ニック&ノラ・・・・・・デヴィッド・ニーヴン、マギー・スミス◆サム・スペード・・・・・・ピーター・フォーク◆エルキュール・ポワロ・・・・・・ジェームズ・ココ◆ミス・マープル・・・・・・エルザ・ランチェスター これに、チャーリー・チャンの日本人の養子のリチャード・ナリタ、サム・スペードの愛人のアイリーン・ブレナンが加わり、さらにホスト役トゥエインにトルーマン・カポーティ、目の見えない執事ベンソンマムにアレック・ギネスを配するという、多士済々の陣容になっています。 なかでも魅せてくれたのが、盲目の執事を演じてブラック・ユーモアを漂わせたアレック・ギネスと、カリカチュアされた中国人探偵を見事に演じたピーター・セラーズ。映画『マダムと泥棒』でも好演していたふたりが格別、味のある演技で素晴らしかったな。 名探偵が活躍するミステリ作品をしゃれのめし、仮装パーティの趣向で遊んだ作品。トルーマン・カポーティの強烈な怪演も忘れがたい。いつか、日本語吹替音声で見てみたい一本です。

  • 5.00

    やっぱり面白い!

    何者?

    深夜のTVで放送(日本語吹替え版!)したものをビデオに取り、ビデオデッキが壊れるまで何度も見ました。すっかり吹替え版が耳に残っているのですが、字幕版も面白い。やはりよく練られたコメディは面白いです。名演・怪演がしっかりとバックアップしていますが、とにかく脚本が良いのだと思います。・・・だけどやっぱり日本語吹替え版も出していただけないでしょうかねえ。

  • 5.00

    T・カポーティ出演

    ゲバラ

    ジャケットには「コロンボ」が主演のように大きく写っているが豪華なスーパー・スターがぞろぞろいてP・フォークなど最低の小物。ジャケ日本向け。まずデビッド・二ーベン。ピーター・セラーズ。アレック・ギネス。そしてトゥルーマン・カポーティ。女優ではマギー・スミスかな。一番笑わせるのは多分「チャーリー・チャン」に扮し怪しげな中国語を話すピーター・セラーズ。ポワロに扮するフランス人の「ココ」もおかしい。運転手役で「LAコンフィデンシャル」の悪徳警部=J・クロンウェルも。さてカポーティはこのとき50歳くらいか。まあ若いわけだが故意に粘っこい英語を話す。これは演技。椅子に座ってるので小柄な体型は解らない。なぜ映画に出たのか知らない。目立ちたがり屋だからだろ。脚本はニール・サイモンで特にカポーティと親しいわけではない。買って損はない。続編あるがかなり落ちる。

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

  1. ホーム
  2. キャラクターグッズ
  3. 五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉

五等分の花嫁 ツイッター 20万人記念 ミニスタンディ  四葉 キャラクターグッズ 保障できる

2022年9月2日に、「新しいマーケティングを考える~コトラー論に沿って生活者、そしてマーケティングの変化を語る~」をテーマにリアル(オフライン)/オンラインセミナーが開催。
元花王(現マーケティングサイエンスラボ) 本間氏、早稲田大学 恩藏先生が登壇し、インテージ 田中がモデレーターを務めた。

リキッド消費とは

田中:先月(8月)、恩蔵先生は弊社のオウンドメディア「知るギャラリー」に【激安 早い者勝ち】仮面ライダーゼロワンセットまとめ売りをご寄稿いただきましたが、リキッド消費を取り上げた背景を教えてください。

恩藏:マーケティング5.0を読んでいただいた方はご存じかと思うのですが、ジェネレーションの話が多く出ていました。とりわけZ世代、アルファ世代にフォーカスがあてられていました。この層(アルファ世代)にとって、デジタルはあたりまえで、当然のものとして受け止めています。生まれていない人も含まれていて、まだ若いので現状は消費の影響力はありませんが、間接的には影響力を持ち始めています。そして、これから影響力を持つ世代ということで、注目されています。
ジェネレーションの違いは重要ですが、ジェネレーションを超えての動きがアメリカで話題になっています。「リキッド消費」です。
いま、さまざまなデータから、物質主義が弱くなっており、代わりにコストパフォーマンスやサブスクリプションが注目されていることがわかります。つまり、買って自分のモノにするというよりは、“使用価値”が世の中で注目されるようになっているのです。

恩藏 直人 早稲田大学商学学術院教授 博士(商学)
おもな著作として、『コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理』(丸善)、『マーケティングに強くなる』(ちくま新書)、『マーケティング』(日経文庫)などがある。
学内では、入学センター長、広報室長、商学部長、理事、常任理事などを経験。学外では、文部科学省、観光庁などでの委員をはじめ、いくつかの企業や組織で社外取締役や評議員などを歴任。

恩藏:つまり、対象となる資源を所有するのではなく、循環させることにシフトしてきている。脱物質的でアクセス・ベース(所有権が移転しない取引による消費)の消費になってきているのです。例えば、ブランドバッグを買わずにレンタルして、好きなものを代わる替わる使用できるサービスがあります。
これまでの物質的な消費=ソリッド消費では、購買物がアイデンティティになります。しかし、リキッド消費では、使用価値に重きが置かれています。
今までのマーケターは、自社商品を所有してもらうことを前提にマーケティングの手を打ってきたのですが、そのような構図が完全に崩れてきているのです。

田中:調査の中でも、“体験価値”というワードを聞くことは多いです。例えば、メルカリのように、いわば、誰かが使用したものでもブランド価値があれば再販も可能になるということです。購入がゴールではなく、再販も含めて、より長くブランド価値という命を持続させるためにはどうすればいいのか、というところにもブランド課題が至ってきていると思います。
本間さんは、もともと花王でマーケティングをされていて、トイレタリーや消費財ではありますが「使用」ではなく「利用」に移ってきている実感や、シーンや体験に移ってきている感覚はありますか?

本間:コロナ禍、サブスクリプションモデルは改めて強くなったと思います。Amazonの定期購入型のように一定の周期で、花や洋服、バッグなどの商品が送られてくるサービスも多くなりました。他にも、自動車メーカーであるトヨタさんは20年くらい前からレンタカービジネスにも重きを置いています。出張先や旅行先でレンタカーを借りて、その経験から次の車をトヨタにしようという選択肢を想起させていました。ただ、トヨタもKINTO(サブスクリプションサービス)を始めて、購入だけがゴールではならなくなっていますよね。

本間 充 株式会社マーケティングサイエンスラボ
1992年花王株式会社に入社。社内でWeb黎明期のエンジニアとして活躍。以後、Webエンジニア、デジタル・マーケティング、マーケティングを経験。2015年アビームコンサルティング株式会社に入社。多くの企業のマーケティングのデジタル化を支援している。マーケティングサイエンスラボ 代表取締役、ビジネスブレークスルー大学でのマーケティングの講師、東京大学大学院数理科学研究科 客員教授(数学)、文部科学省数学イノベーション委員など数学者としての顔も併せ持つ。

本間:マーケターは、サブスクリプションやメルカリなどにも対応するマーケティングのフレームワークを作らなければいけないところにきていますが、それが出来ている企業はまだまだ少ない印象です。

マーケティング5.0はなにが変わった?

田中:ここで、恩藏先生にマーケティング5.0のお話をお伺いしたいと思います。

恩藏:まずはマーケティングの定義の変遷からお話したいと思います。

2004年以前のマーケティングは、「交換」に焦点を当てており、その上で、4つのPを実施するとしていた。ところが、2004年以降は“価値の創造・伝達・提供”に変わってきました。 そのため、かつては「マーケティングが弱い」=「販売営業力がない」などとも認識されていましたが、今日のマーケティングは価値を創造するところからスタートするので、ビジネスモデルをつくったり、商品企画開発の段階を経て、それをチャネルやコミュニケーションを使ったりして伝達、提供する一連の流れのことを指します。
2013年の定義では大きく変わってはいませんが、「社会全般」という言葉が入ってきています。ここで皆さんに改めて認識してほしいのは、「マーケティングは価値の創造」を出発点としていることだという点です。それによって、マーケティングの守備範囲を認識できると思います。皆さんがマーケティングを、どのようにビジネスに落とし込んでいるか考えていただきたいです。

ひとつの事例を見てみましょう。iPhone 3Gが2008年に販売されたときのキャッチコピーは「Twice as Fast, Half the Price」でした。通信速度は倍に、価格は半額になったのです。

顧客価値はコスト分のベネフィットとして捉えます。そこで、私たちが顧客価値の引き上げを考えるとき、すぐに値引きという手を思いつきますが、その他にも5つの価値の引き上げ方があります。

この図を皆さんの商品に置き換えたとき、何ができるかを考えてみてください。また、「コスト」とは価格のことだけを指しているのではありません。精神的なコスト、肉体的なコスト、社会的なコストも指します。さらに、ベネフィットも機能的なベネフィットだけではなく、体験や経験といったものもあります。総合的に考えることが必要なのです。

本間:日本の1980~1990年代は、価格は上げずに新製品に新機能がついていて、それがお客様にベネフィットを提供していました。そして旧来品は値段が下がる傾向でした。いまはコストを下げるだけではなく、自分の顧客像の求める価値を提供しなければいけない、ということがマーケターが取り組むべきポイントですね。

田中:今のようなトレンドを語りつつ、そもそも企業が持っている価値が何なのかを自分の顧客、さらには社会に届くように変換・再定義することが必要だということですね。一方で、難易度の高い変換・翻訳が必要になるケースもあると思います。それは企業のコスト増にはなりますが・・・(笑)

本間:そうですね。先ほど恩藏先生からマーケティングの歴史と定義に「社会」という言葉が追加された話がありました。アメリカの企業は自社の社会的な方向性について議論しているケースが多いですが、日本の企業は自社の社会的な立ち位置を理解するのが苦手なんですよね。日本はターゲットのセグメンテーションが必要ないBtoB企業が多かったので、まず自社が社会的にどのような方向性で向かっていくかを話し合う必要もあると思います。

田中:マーケティング4.0と5.0の違い、あるいは5.0ならではの部分を恩藏先生はどのように捉えていますか?

恩藏:マーケティング4.0、5.0との違いを一言で言うとすれば、4.0は消費者視点、5.0は企業視点という「視点」の違い、と言えるのではないか。

本間:私もマーケティングをする側(企業側)がデジタルをより正しく使わないと立ち行かなくなる、というコトラーからのアドバイスだと思います。例えば、生活者の声を聴く際にデジタル空間上の口コミなども人工知能や自然言語解析を使って、ハンドリングしやすい状態にしてマーケティングにより積極的に活用していくという、といったことかと。

恩藏:4.0は消費者がどのような消費行動(カスタマージャーニー)をしているかを5Aモデルで説明しています。このジャーニーは従来のようなファネル型ではなく、ループであったり逆戻りしたりするといった複雑性を備えている。5.0ではさらに、そうした消費者の変化やデジタルを意識しながら、ツール等を活用してデータドリブン、さらにはアジャイルに戦略を遂行していくことの重要性を訴えています。それゆえに企業視点ではないか、と申し上げたのです。

田中:それは企業サイド、マーケティングサイドにとって、デジタルをどう使えばいいのか、ということが4.0時代よりも見えてきた、ということも理由になっているのでは。

恩藏:それもあるでしょうね。

アカデミックとビジネスの融合について

田中:アカデミックとビジネスを今後どう絡めていくのかについて、お二人の考えをお伺いしたいと思います。

本間:日本は大学を卒業したら大学に行かない人が多いですが、諸外国は、大学卒業後も、社会人が大学に行くケースも多いですよね。社会人大学院は日本にもありますし、研究機関としては皆さんの事例を知りたいので企業のほうからも声かけていただきたいと思っていますよ。

恩藏:産学連携はどこの大学でも推奨しています。早稲田には100を超える研究所があって、それぞれが産学連携の拠点となっています。私もマーケティングコミュニケーション研究所の所長をつとめています。こちらは大学側がオーソライズ(公認)しますが、研究資金は自分たちで用意しなければいけません。ですので、企業と一緒にやる場合は、大学と契約してもらい、ファンドをいただいて取り組みする形になります。こうした取り組みは、毎年複数の企業とやらせていただいています。理系は以前からこういった活動があったかと思いますが、とりわけビジネスやマーケティングにおいては、まだそこまで浸透していないかもしれません。
早稲田をはじめ幾つかの大学がそういった取り組みしていますので、興味のある方は声をかけてみていただくと良いと思います。

田中:ありがとうございます。今日参加の皆さまはアカデミックなセオリーやロジックをどういう風に活用していけばいいのかを考えていると思いますし、学んだことをビジネスに展開していくジレンマがあると思いますので、先生方に声をかけやすくなる仕組みがあるのはとても嬉しいことだと思います。本日はありがとうございました。


<インテージセミナーのアーカイブ配信開始>
◆新しいマーケティングを考えるシリーズの第一弾、第二弾の動画をご覧いただけます。ぜひご覧ください。
【第一弾】~事象を連続して見えてくる新しい生活文脈とは~
【第二弾】~生活文脈をジャーニーに落とし込むと何が見えてくるのか?~
※視聴には事前登録が必要です。

転載・引用について

◆本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。
 下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。
「出典:インテージ 「知るギャラリー」●年●月●日公開記事」

◆禁止事項:
・内容の一部または全部の改変
・内容の一部または全部の販売・出版
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
・企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的としたパネルデータ(*)の転載・引用
(*パネルデータ:「SRI+」「SCI」「SLI」「キッチンダイアリー」「Car-kit」「MAT-kit」「Media Gauge」「i-SSP」など)

◆その他注意点:
・本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
・この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません

◆転載・引用についてのお問い合わせはステラルー ぬいぐるみバッジ くるみ割り人形

関連記事