文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】
ART W0RKS M0NSTERS 『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』 カオ…,
アルヴァスタリア メリル,
T0 L0VEる トラブル フィギュア ララ・サタリン・デビルーク,
☆YZスタジオ studi0【ディアマンテ】ワーコレ G5 bbf p0p A+,

文豪ストレイドッグス ねんどろいど 太宰治 中原中也 【初回限定】

文豪ストレイドッグス ねんどろいど 太宰治 中原中也
文豪ストレイドッグス 文スト  ねんどろいど フィギュア 676 G00DSMILE 0NLINE SH0P限定 ・太宰治 ・中原中也 開封済み、暗所で保管しておりました。 内容に問題なければ、 即購入0Kです。 バラ売りの場合、11000円になります。 どうぞよろしくお願いいたします。 文スト、フィギュア、ねんどろいど 文豪ストレイドッグス 太宰治 中原中也 フィギュア種類···ねんどろいど

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

  • 3.00

    可もなく不可もなく

    BLACK EMPIRE

    シリーズモノの最新作というだけで、観る前からある程度の話題になる。本作も例外ではなかっただろう。が、良くも悪くも予定調和な部分が目立ってしまうのは否めないし、このダイ・ハードシリーズで言えば、過去作と比べでどれだけ爆破シーンや銃撃シーンがあるか?アクションシーンがド派手か?といった部分に注目が行ってしまう。本作では相棒?としてマクレーン刑事の息子が登場するが、初期作品のようにマクレーン刑事単体で悪党どもに立ち向かっていく方がハラハラドキドキがあったし、ハッキリ言ってしまえば、ダイ・ハードシリーズに相棒なんていらない。(笑)無理矢理親子の愛情物語をねじ込むよりはアクションシーンを充実させた方が良かった。駄作ではないが、増える火薬の量!?とは逆に、回を追うごとに作品としてはこじんまりしてきているように思う。まだ続けるのかな?

  • 3.00

    スケールは大きいと思うけど

    ダース・米田

    ダイ・ハードシリーズは数年前にテレビ放送で初めて見た程度の浅い観賞歴なのですが、 その中でも今作は一番荒唐無稽に感じましたね。序盤から大爆破→カーチェイス→銃撃戦→終盤へ、と非常にテンポ良く進むため、 全くダレることなく観賞出来る点は流石でした(一体何台の車が廃車となったのだろうか(笑))。また、二転三転する陰謀劇や黒幕の存在など、ストーリー展開も概ね上手く作られてます。反面キャラクターの描き方はかなり淡白でした。マクレーン親子は当初反発しあいながらも最後には和解する点も、 その間の展開がもう一歩欲しかった所。黒幕も人物描写が少ないため、 二転三転する展開が仇となり印象が薄れたように感じました。ラストはチェルノブイリでの戦いなのですが、 悪党達は放射能を中和するというトンデモ道具を使い出します!そもそも中和という表現が適切なのだろうか?しかし、そんなことを知らないはずのマクレーン親子は防護服も着ないで地基地に乗り込むという、あまりにも無謀且つ大胆な(というより非常識)行動を取ります。最後に息子ジャックは汚染水と思われるプールに全身を浸かりながらも、「マクレーン家だから」と言って済ます始末。尤も、アクション大作ですので、変に突っ込まずに見るのがセオリーかもしれません。頭空っぽで見る上では非常に分かりやすく、娯楽性の高い作品として楽しめます。

  • 3.00

    内容はいつもどーり。

    sectorM

    内容は「アリエネー」の連発!でもそれがダイハードシリーズだから自分は大好きです!ただ、4.0でもそうだったが、やはり、ブルースさん、、、ズラかぶって欲しかったなぁ。。。スキンだともぅジョンというよりブルースそのものな感じがして、、、。今のご時世、髪なんぞ何とでもなるだろーに。。。そして、息子!!どー見ても悪役だろ!!ヒットシリーズなんだからもう少し良い俳優がいたろーに!ホリーとも、ジョンとも似てない!あと、ベンツ出過ぎ!!金出した感満載。。。それ以外は面白かった!

  • 3.00

    『ダイ・ハード/グッド・デイ』で良い。

    マーサー(ヤラセ業者じゃありません)

    マクレーンは確かに年を取った。縦横無尽に走り回るマクレーンは陰を潜め、今回は主に息子の活躍に支えられ、また息子を援護する側に立っている。しかし、時に長年の勘を活かしたり、時にマシンガンをぶっぱなす様は、かつての趣きを感じさせる。98分中、エンドロールを除けば正味約90分で、テンポよく進行していく“ジェットコースター・ムービー”と言える。ただ、その為に悪役のインパクトが薄く、全編を観てもキャラクターとして脚本には限界がある。これまでは、悪役にもしっかりスポットを当て、善と悪のバランスが均一だったが、ここでは“運悪く”テロ事件に巻き込まれてしまったマクレーンとその息子が、親子の絆を取り戻す姿が焦点になっている。序盤の破壊に破壊を繰り広げるシリーズ中最も派手で圧倒的カー・チェイス、そしてアクションを写し出すカメラワークの斬新さ、これらの描写だけでも観る価値があるが、それは脇役でしかない。“A Good Day To Die(死ぬには良い日)”をもじった原題を、邦題ではさも完結するかのように“ラスト・デイ”と付けたタイトルのセンスの無さが却ってダイ・ハードをダイ・ハードでなくしており、魅力の無さに更に拍車をかけてしまっている。父親とも思っていない息子が父親と絆を取り戻し、また絆を取り戻そうとするマクレーンにとってもお互いが“Good Day(良き日)”だった訳で、ストレートに『ダイ・ハード/グッド・デイ』でも良かったはず。

  • 3.00

    PS STOREで先行配信!

    shi-

    PS STORE で5/31から先行配信とのこと...同じ 102分の最強無敵ロングバージョン をDL購入しました。気になった所だけレビューさせていただきます最強無敵ロングバージョンと名だけあってどういう追加シーン/編集かとおもえば...まさかの 娘さんのルーシーのシーンは全部カットされていました...... ... ... 何故!?!? 最初の お願いだから無茶はしないでね? や カーチェイス中の電話で会話シーン 更にはラストのジョン,ジャック,ルーシー3人で笑顔で歩くシーンも...個人的にはカーチェイス中の電話で会話シーンはgtaを思わせる自由すぎる主人公の行動に笑いが出てしまうほど面白かったのに...

  • 1.00

    言語の壁

    すみません。英語もロシア語もわからないので、吹き替えとスーパーの内容を作中で喋ってるのだという前提で感想を書きます。意訳されてる部分や間違いがある部分はわかりません。すみません。でも、この内容だと「おかしい」よね?主人公が車を強奪するし、車に乗った市民を轢き殺して回るし(あれだけやられたら普通死傷者がでるよね)しかも、事情も知らずに首を突っ込んでおいて「巻き込まれた」的な発言。ふつー言う?エージェント設定の息子は、部外者である父親を隠れ家に連れていくなんて暴挙に出たあげく、同僚を死なせる。彼の評価として事前に「今までミスしたことはなかったのに」的な台詞があるだけに、お粗末な失態がさらに寒々しい。そもそもファイルの内容って、具体的にはどのくらいの価値があることになってたの?並みのスキャンダル程度じゃ、一国がマークするほどの大物は揺るがないと思うんだけど。しかも、あの死に様をみるに、刑務所に入ってた男の裏の動きを嗅ぎ付けられない程度の小物だよね?そんなのが権力の座につくことより、アメリカ人があれだけ市街地で好き勝手やったことのほうが、大きな問題に発展しないの?そもそもミッションが大仕掛けなのに、大使館に逃げ込めない状況にしたままってのがわからない。なにかスーパー出てない説明があったの?あとどうやって国外に出るつもりだったの?普通にパスポートで旅券使って?無理だろ。それとチェルノブイリってロシアなの?アメリカンジョークかなにか?放射能中和するガスってなに?放射能って放射線を発する能力っていうか、物質がもってる性質のことじゃないの?中和するって意味的によくわからないんですが、放射線をどうにかするって意味の誤訳?自分がバカなのか言語の壁なのか間違ってるのかさえ疑わしくなる。終始「?」しか浮かばない映画だった。

  • 3.00

    前作で娘との絆を取り戻したマクレーン刑事が今度はロシアで息子と仲直り

    勝沼悠

    ダイ・ハードシリーズ第五弾。前作で娘との絆を取り戻したマクレーン刑事が今度はロシアで息子と仲直り。 ダイ・ハードが面白いのは起きる出来事や切り抜け方がつきぬけて無茶苦茶だからだろう。車ゴロンゴロン。アクション映画はやり過ぎることが大事ということがよく分かる。 息子役の俳優は今後人気が出そう。 ただ、今作は終盤の盛り上がりがいまいちな感じがして残念。 あと気になったのは、敵方にドウェイン・ジョンソンが出てたように思ったんだけど、どうも違うらしい。すごい似てた。 先日のテレビ放送では改めて1の映像とかも出てたけど、ブルース・ウィリスって昔はふさふさだったんだなぁ。

  • 2.00

    ラストデイの意味が分かった

    フウジン

    ダイハードは1からすべて見ています。最後まで見ていただくとラストデイの意味が分かります。はじめはこれでこのシリーズが終わりだからだと思いました。でも気が付いたんです、もうこのシリーズを見るのはやめようと。こっちから願い下げだと。そう思わせることにこの映画は成功しています。よぼよぼになってしまったジョン・マクレーンなんて見たくなかった。輝いていた思い出を汚された気分でした。もっといいラストデイがよかったです。

  • 1.00

    今作でラスト・デイ

    yachoo

    ドッカンドッカンと派手なのは相変わらずですが、設定やストーリーがショボくて、気持ちが入らず醒める映画です。冒頭から派手なカーチェイスシーンが展開されますが、派手なだけ。逆に、一般人を大量に事故に巻き込んでも、まるで気にしないマクレーン刑事に萎え萎えに。「テロリストはお前じゃねーか!」とツッコミを入れちゃいます。終盤では、チェルノブイリに隠した爆弾用プルトニウムを取りに行くのですが、放射能の扱い方が極めて雑!失笑を禁じ得ません。放射能中和剤って、なにそれ!?そもそもダイ・ハードは、有無も言わさずトラブルに巻き込まれ、ボヤきながらも憎たらしい悪党と戦い、全員蹴散らしてスッキリという爽快感が魅力でした。でも今回は、マクレーン刑事が自らトラブルを引き起しまくります。ちっとも応援する気になれません。しかも悪党がどれもこれも小粒で、全然印象に残りません。徹底的に悪党でないと蹴散らす爽快感がありません。ダイ・ハードファンとしては、残念な内容でした...。

  • 2.00

    凡作に成り下がってしまった残念なダイ・ハード

    ブルーレイマン

    ダイ・ハードの醍醐味といったらズバリ「テロリストとの駆け引き」だったと思います。しかしその要素もシリーズを重ねる度に薄れていき、本作でついにほぼ消え失せました。これはもはやダイ・ハードシリーズの設定を借りただけの別物映画みたいです。本作のアクションもやはり極上であるのには間違いないです。 しかし、まぁ、、、なにかが足りない、、、このモヤモヤ感はなんなんでしょうか、、、。一応全部観ましたが、途中で寝てしまい、再度チャレンジ。 そしてまた寝てしまい、3度目でやっと全編観れました。ダイ・ハードシリーズの映画で寝てしまうなんて初めてでした。退屈なアクション映画ほど、映画ファンにとって罪深く感じるものはないはず。その他のダイ・ハードファンのみなさんには申し訳ないですが、本作はつまらなかったです。残念なダイ・ハード、、、、作って欲しくなかった、、、、。

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

  1. ホーム
  2. コミック/アニメ
  3. 文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど

文豪ストレイドッグス 中原中也 太宰治 ねんどろいど コミック/アニメ 【初回限定】

2022年9月2日に、「新しいマーケティングを考える~コトラー論に沿って生活者、そしてマーケティングの変化を語る~」をテーマにリアル(オフライン)/オンラインセミナーが開催。
元花王(現マーケティングサイエンスラボ) 本間氏、早稲田大学 恩藏先生が登壇し、インテージ 田中がモデレーターを務めた。

リキッド消費とは

田中:先月(8月)、恩蔵先生は弊社のオウンドメディア「知るギャラリー」に僕のヒーローアカデミア 一番くじをご寄稿いただきましたが、リキッド消費を取り上げた背景を教えてください。

恩藏:マーケティング5.0を読んでいただいた方はご存じかと思うのですが、ジェネレーションの話が多く出ていました。とりわけZ世代、アルファ世代にフォーカスがあてられていました。この層(アルファ世代)にとって、デジタルはあたりまえで、当然のものとして受け止めています。生まれていない人も含まれていて、まだ若いので現状は消費の影響力はありませんが、間接的には影響力を持ち始めています。そして、これから影響力を持つ世代ということで、注目されています。
ジェネレーションの違いは重要ですが、ジェネレーションを超えての動きがアメリカで話題になっています。「リキッド消費」です。
いま、さまざまなデータから、物質主義が弱くなっており、代わりにコストパフォーマンスやサブスクリプションが注目されていることがわかります。つまり、買って自分のモノにするというよりは、“使用価値”が世の中で注目されるようになっているのです。

恩藏 直人 早稲田大学商学学術院教授 博士(商学)
おもな著作として、『コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理』(丸善)、『マーケティングに強くなる』(ちくま新書)、『マーケティング』(日経文庫)などがある。
学内では、入学センター長、広報室長、商学部長、理事、常任理事などを経験。学外では、文部科学省、観光庁などでの委員をはじめ、いくつかの企業や組織で社外取締役や評議員などを歴任。

恩藏:つまり、対象となる資源を所有するのではなく、循環させることにシフトしてきている。脱物質的でアクセス・ベース(所有権が移転しない取引による消費)の消費になってきているのです。例えば、ブランドバッグを買わずにレンタルして、好きなものを代わる替わる使用できるサービスがあります。
これまでの物質的な消費=ソリッド消費では、購買物がアイデンティティになります。しかし、リキッド消費では、使用価値に重きが置かれています。
今までのマーケターは、自社商品を所有してもらうことを前提にマーケティングの手を打ってきたのですが、そのような構図が完全に崩れてきているのです。

田中:調査の中でも、“体験価値”というワードを聞くことは多いです。例えば、メルカリのように、いわば、誰かが使用したものでもブランド価値があれば再販も可能になるということです。購入がゴールではなく、再販も含めて、より長くブランド価値という命を持続させるためにはどうすればいいのか、というところにもブランド課題が至ってきていると思います。
本間さんは、もともと花王でマーケティングをされていて、トイレタリーや消費財ではありますが「使用」ではなく「利用」に移ってきている実感や、シーンや体験に移ってきている感覚はありますか?

本間:コロナ禍、サブスクリプションモデルは改めて強くなったと思います。Amazonの定期購入型のように一定の周期で、花や洋服、バッグなどの商品が送られてくるサービスも多くなりました。他にも、自動車メーカーであるトヨタさんは20年くらい前からレンタカービジネスにも重きを置いています。出張先や旅行先でレンタカーを借りて、その経験から次の車をトヨタにしようという選択肢を想起させていました。ただ、トヨタもKINTO(サブスクリプションサービス)を始めて、購入だけがゴールではならなくなっていますよね。

本間 充 株式会社マーケティングサイエンスラボ
1992年花王株式会社に入社。社内でWeb黎明期のエンジニアとして活躍。以後、Webエンジニア、デジタル・マーケティング、マーケティングを経験。2015年アビームコンサルティング株式会社に入社。多くの企業のマーケティングのデジタル化を支援している。マーケティングサイエンスラボ 代表取締役、ビジネスブレークスルー大学でのマーケティングの講師、東京大学大学院数理科学研究科 客員教授(数学)、文部科学省数学イノベーション委員など数学者としての顔も併せ持つ。

本間:マーケターは、サブスクリプションやメルカリなどにも対応するマーケティングのフレームワークを作らなければいけないところにきていますが、それが出来ている企業はまだまだ少ない印象です。

マーケティング5.0はなにが変わった?

田中:ここで、恩藏先生にマーケティング5.0のお話をお伺いしたいと思います。

恩藏:まずはマーケティングの定義の変遷からお話したいと思います。

2004年以前のマーケティングは、「交換」に焦点を当てており、その上で、4つのPを実施するとしていた。ところが、2004年以降は“価値の創造・伝達・提供”に変わってきました。 そのため、かつては「マーケティングが弱い」=「販売営業力がない」などとも認識されていましたが、今日のマーケティングは価値を創造するところからスタートするので、ビジネスモデルをつくったり、商品企画開発の段階を経て、それをチャネルやコミュニケーションを使ったりして伝達、提供する一連の流れのことを指します。
2013年の定義では大きく変わってはいませんが、「社会全般」という言葉が入ってきています。ここで皆さんに改めて認識してほしいのは、「マーケティングは価値の創造」を出発点としていることだという点です。それによって、マーケティングの守備範囲を認識できると思います。皆さんがマーケティングを、どのようにビジネスに落とし込んでいるか考えていただきたいです。

ひとつの事例を見てみましょう。iPhone 3Gが2008年に販売されたときのキャッチコピーは「Twice as Fast, Half the Price」でした。通信速度は倍に、価格は半額になったのです。

顧客価値はコスト分のベネフィットとして捉えます。そこで、私たちが顧客価値の引き上げを考えるとき、すぐに値引きという手を思いつきますが、その他にも5つの価値の引き上げ方があります。

この図を皆さんの商品に置き換えたとき、何ができるかを考えてみてください。また、「コスト」とは価格のことだけを指しているのではありません。精神的なコスト、肉体的なコスト、社会的なコストも指します。さらに、ベネフィットも機能的なベネフィットだけではなく、体験や経験といったものもあります。総合的に考えることが必要なのです。

本間:日本の1980~1990年代は、価格は上げずに新製品に新機能がついていて、それがお客様にベネフィットを提供していました。そして旧来品は値段が下がる傾向でした。いまはコストを下げるだけではなく、自分の顧客像の求める価値を提供しなければいけない、ということがマーケターが取り組むべきポイントですね。

田中:今のようなトレンドを語りつつ、そもそも企業が持っている価値が何なのかを自分の顧客、さらには社会に届くように変換・再定義することが必要だということですね。一方で、難易度の高い変換・翻訳が必要になるケースもあると思います。それは企業のコスト増にはなりますが・・・(笑)

本間:そうですね。先ほど恩藏先生からマーケティングの歴史と定義に「社会」という言葉が追加された話がありました。アメリカの企業は自社の社会的な方向性について議論しているケースが多いですが、日本の企業は自社の社会的な立ち位置を理解するのが苦手なんですよね。日本はターゲットのセグメンテーションが必要ないBtoB企業が多かったので、まず自社が社会的にどのような方向性で向かっていくかを話し合う必要もあると思います。

田中:マーケティング4.0と5.0の違い、あるいは5.0ならではの部分を恩藏先生はどのように捉えていますか?

恩藏:マーケティング4.0、5.0との違いを一言で言うとすれば、4.0は消費者視点、5.0は企業視点という「視点」の違い、と言えるのではないか。

本間:私もマーケティングをする側(企業側)がデジタルをより正しく使わないと立ち行かなくなる、というコトラーからのアドバイスだと思います。例えば、生活者の声を聴く際にデジタル空間上の口コミなども人工知能や自然言語解析を使って、ハンドリングしやすい状態にしてマーケティングにより積極的に活用していくという、といったことかと。

恩藏:4.0は消費者がどのような消費行動(カスタマージャーニー)をしているかを5Aモデルで説明しています。このジャーニーは従来のようなファネル型ではなく、ループであったり逆戻りしたりするといった複雑性を備えている。5.0ではさらに、そうした消費者の変化やデジタルを意識しながら、ツール等を活用してデータドリブン、さらにはアジャイルに戦略を遂行していくことの重要性を訴えています。それゆえに企業視点ではないか、と申し上げたのです。

田中:それは企業サイド、マーケティングサイドにとって、デジタルをどう使えばいいのか、ということが4.0時代よりも見えてきた、ということも理由になっているのでは。

恩藏:それもあるでしょうね。

アカデミックとビジネスの融合について

田中:アカデミックとビジネスを今後どう絡めていくのかについて、お二人の考えをお伺いしたいと思います。

本間:日本は大学を卒業したら大学に行かない人が多いですが、諸外国は、大学卒業後も、社会人が大学に行くケースも多いですよね。社会人大学院は日本にもありますし、研究機関としては皆さんの事例を知りたいので企業のほうからも声かけていただきたいと思っていますよ。

恩藏:産学連携はどこの大学でも推奨しています。早稲田には100を超える研究所があって、それぞれが産学連携の拠点となっています。私もマーケティングコミュニケーション研究所の所長をつとめています。こちらは大学側がオーソライズ(公認)しますが、研究資金は自分たちで用意しなければいけません。ですので、企業と一緒にやる場合は、大学と契約してもらい、ファンドをいただいて取り組みする形になります。こうした取り組みは、毎年複数の企業とやらせていただいています。理系は以前からこういった活動があったかと思いますが、とりわけビジネスやマーケティングにおいては、まだそこまで浸透していないかもしれません。
早稲田をはじめ幾つかの大学がそういった取り組みしていますので、興味のある方は声をかけてみていただくと良いと思います。

田中:ありがとうございます。今日参加の皆さまはアカデミックなセオリーやロジックをどういう風に活用していけばいいのかを考えていると思いますし、学んだことをビジネスに展開していくジレンマがあると思いますので、先生方に声をかけやすくなる仕組みがあるのはとても嬉しいことだと思います。本日はありがとうございました。


<インテージセミナーのアーカイブ配信開始>
◆新しいマーケティングを考えるシリーズの第一弾、第二弾の動画をご覧いただけます。ぜひご覧ください。
【第一弾】~事象を連続して見えてくる新しい生活文脈とは~
【第二弾】~生活文脈をジャーニーに落とし込むと何が見えてくるのか?~
※視聴には事前登録が必要です。

転載・引用について

◆本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。
 下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。
「出典:インテージ 「知るギャラリー」●年●月●日公開記事」

◆禁止事項:
・内容の一部または全部の改変
・内容の一部または全部の販売・出版
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
・企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的としたパネルデータ(*)の転載・引用
(*パネルデータ:「SRI+」「SCI」「SLI」「キッチンダイアリー」「Car-kit」「MAT-kit」「Media Gauge」「i-SSP」など)

◆その他注意点:
・本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
・この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません

◆転載・引用についてのお問い合わせはドラゴンボール レッドリボン軍レッド総帥 ガレージキット フィギュア GK完成品

関連記事